NST導入支援キット

NST/栄養サポートチーム/NST導入支援キット

NST導入支援キットは29,800円でお使いいただける、救命救急センターと共同開発した、NSTスタッフ間の情報共有を容易にし、効率化と業務負担軽減を目的としたシステムです。
ホーム 導入について(工事中...) ご購入について ダウンロード お問合せ
NST支援ツールに、待望の共有データベース版が登場しました。
複数の部署から、院内サーバーにおいたデータベースに登録できます。
既にスタンドアロン版をご導入いただいている病院様もアップグレード可能です。
ご案内:NST支援ツールがバージョンアップしました。是非、最新版(Ver1.1)をダウンロード、インストールしてください。
ローカルデータベースのバックアップ機能などが追加され、ご要望の多かったNST介入中の患者数の上限を35名に引き上げました。
詳しくは最新版のマニュアルをご覧ください。
NST導入支援キット-導入費用
システム導入時 費用
NST支援ツールスタンドアロン版
お問い合わせください
NST支援ツール共有データベース版
お問い合わせください
NST支援ツール共有データベース版アップグレード
お問い合わせください
出展情報
札幌コンベンションセンターにて、6月3日(金)〜4日(土)開催の第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会に出展いたします。
第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会にて、NST支援システムに関する演題を発表していただきます。
「救命救急センタースタッフによるデータベース構築の取り組み」
北里大学病院 救命救急医学 神應知道先生
北里大学医学部 救命救急医学
茅ヶ崎徳州会病院脳神経外科
株式会社メディアプラス
名古屋国際会議場にて、2月17日(木)〜18日(金)開催の第26回日本静脈経腸栄養学会に出展しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。
第26回日本静脈経腸栄養学会にて、NST支援システムに関する演題を発表しました。
「栄養サポートチーム加算新設に伴うNST 活動の新しい展開 −NST 支援システムの構築−」
北里大学病院 栄養部 横銭祐子先生ほか
北里大学病院 栄養部 看護部 薬剤部 臨床検査部
北里大学医学部 救命救急医学
株式会社メディアプラス
NST導入支援キットの特徴
アセスメントや栄養管理記録を簡単入力可能
食事・経腸栄養・静脈栄養などは、選択式で入力可能。摂取量も自動計算登録データは何時でも呼び出し可能。
NST入力画面1 NST入力画面2
カンファレンスシート・栄養治療報告書を簡単に自動作成
厚生労働省提出用書類を自動で作成カンファレンスでは、アセスメントシートをプロジェクターで表示
NSTメイン画面 栄養治療報告書
カンファレンスでは、看護師が身体情報、排便状況、栄養管理上の問題点を入力、管理栄養士が最新の投与栄養内容、検査値、
間接熱量測定結果を入力NST医師含めスタッフ全員で評価
栄養治療報告書では設定した回診スパンで、前回値との比較検討が可能
シート・報告書はExcelにエクスポート可能
アセスメントシート・栄養治療実施報告書はExcel*形式にエクスポート可能。可搬性が高く、変更や編集も容易に!
アセスメントシート
各種データを統計分析,グラフ化が可能
経過や体重・摂取量の変化などはグラフ化して確認可能。入院期間・離床までの日数、過去に投与した栄養など統計の分析が可能
グラフ1 グラフ2